2006年10月29日

お産の前に行われる医療処置

産院に着くと、さまざまな検査や医療処置が行われます。

健康な場合に主に行われる医療処置について
それぞれの意味と効果を把握しておきましょう。


【分娩監視装置(CTG)】
端子のついてベルトをお腹につけて、
陣痛の様子と胎児の状態をチェックします。
一回の検査で40分程かかるため、
入院時に行った後は、つけたままで状況を把握します。

【剃毛】
外陰部の毛、膣口の周囲をあらかじめ剃っておきます。
会陰切開をする場合や、万が一傷ができたとき、
処置がしやすいようにしておくためです。

【浣腸】
産道と隣あった腸の中をきれいにし、
赤ちゃんが産道を通りやすくします。
腸への刺激で、陣痛が強くなることもあります。
また、胎児を細菌に感染させないための予防の意味もあります。

【点滴】
分娩中に出血が多かったり、
何かのトラブルがあってもすぐに対応できるように、
あらかじめ点滴で血管を確保しておきます。
点滴の中身は、通常ブドウ糖、電解質液など。
お産が進んで食事もとれない場合は、
水分補給にもなります。

【導尿】
尿道にカテーテルという管を挿入して排尿させます。
膀胱に尿がたまっていると、赤ちゃんがおりにくくなったり、
陣痛が弱くなったりすることがあるためです。
また、陣痛が強くなってからでは
トイレに行けない場合もあるので、
そのつど尿を外に出します。


【関連する記事】
posted by ことこと at 10:33| 出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。